製品情報はこちら

Introduction

COVID-19 (Corona Virus Disease 2019) の世界的な感染拡大により、私たちの生活は大きな変容を強いられました。あらゆる社会活動には「密閉」、「密集」、「密接」という3密を避ける配慮が求められ、コロナリスクを常に意識した生活をせざるを得ないようになりました。現在、日本におけるCOVID-19の感染拡大は収まりつつありますが、感染予防のための対策はもはや必須であり、私たちの生活はこれまでと同じようにとはいかなくなりました。一説ではCOVID-19の完全な終息には2年以上の期間を要するとも言われており、感染対策を意識した生活はしばらく続くことになるでしょう。

感染拡大を予防する様々な方策が採られる中、マスクは感染予防のための重要アイテムの一つになっています。現在、職場や学校、ショッピングなど、人が集まる場においてはマスクの着用が一般的になっており、マスクはもはや生活必需品の一つといえるでしょう。爆発的な需要拡大により一時は入手困難になっていたマスクですが、最近では、様々な種類のマスクが店頭に並ぶようになりました。しかし、店頭に並ぶマスクの中には、ウィルスに対するフィルター効果がはっきりしないものも多く見受けられます。マスクの本来の役割は、「感染しない・させない」ことである筈ですが、最近では「マスクをすること」自体が重要になってしまい、マスク本来の役割であるフィルター性能については軽視されがちです。きちんとした感染予防のためには、「確かな性能」を持ったマスクを正しく選択し利用することが重要なのは言うまでもありません。

このような状況の中、「確かな性能」を持ったマスクを市場に供給するべく私たちフレンドマイクローブ社は、名古屋大学、三井化学と共同で新しいタイプのマスクの開発に着手しました。マスク型に成形した樹脂製のハード部分と取り替え可能な不織布を組み合わせることで、性能を担保しつつ、不織布部分を取り替えることで繰り返し利用が可能なマスクの開発を目指します。 開発にあたっては

  • ウィルスに対しても有効であること
  • 不織布の利用を最小限にし、使い捨てマスクよりもエコな商品を作ること
  • ソリッドな材質で3D構造を作ることで、より良いつけ心地に仕上げること

  • の三つをコンセプトに掲げ、現在、検討を行っております。 一般販売までには今しばらく時間をいただきますが、販売開始の際には、ぜひ皆さまの必需品の一つとなれることを願っております。

    開発情報:プレスリリース「名古屋大学、三井化学株式会社と共同で新規3Dマスク開発を開始」
    完成情報:プレスリリース「フレンドマイクローブ、名古屋大学、三井化学による新規開発の3次元マスクが完成!!」