3次元マスク『θ(シータ)』

購入はこちらから

Amazon
θ(シータ)交換式不織布フィルター150日分付き 樹脂製の本体は繰り返し使用可 国産

概要

様々な種類のマスクが出回る昨今、「どのマスクを選べばいいかわからない!」と思ったことはないでしょうか?
3次元マスク『θ(シータ)』は、「ウィルス飛沫をしっかりとカットできるマスクを世の中に提供したい。」という思いから取り組みを始めた「名古屋大学」と「三井化学株式会社」との共同開発マスクです。

最近、様々なマスクが発売されこれまでに見なかったユニークなマスクも数多く見られるようになりました。これらの商品の多くは、「涼しい」「ファッション性」「息のしやすさ」 といった特徴を推していますが、肝心なウィルス飛沫などに対するフィルター効果について、検証されていない商品も少なくありません。 私たちは、ウィルスや菌といった微粒子をフィルターによってブロックする、というマスクの本来の機能をしっかりと担保しつつ、快適さを追求した新たなデザインや環境低負荷(エコ)なマスク作りに挑戦しています。 名古屋大学堀研究室や三井化学と共同で、科学的な見地から対策効果の期待できるマスクを提供することを目指しています。

ウイルス飛沫への対策

3次元マスク『θ』には、三井化学より提供される不織布フィルターを使用しています。フィルター部分の性能は、アメリカのネルソン研究所(*1)においてBFE (バクテリア飛沫カット)(*2), ,VFE (ウィルス飛沫カット)(*3), PFE (微小粒子カット)(*4)試験で効果が実証されています(*5)。
*1ネルソン研究所:アメリカにある多くの実績を持った試験機関です。マスクのフィルター効果の試験をはじめ、様々な認証試験等を取り扱っている機関になります。
*2BFE: バクテリア(菌)を含む飛沫に対するフィルター効果の効率
*3VFE: ウィルスを含む飛沫に対するフィルター効果の効率
*4PFE: 0.1 µmのラテックス粒子に対するフィルター効果の効率
*5 菌とウィルスでは粒子の大きさが異なり、菌飛沫をガードできるマスクがウィルス飛沫に対しても有効とは限りません。ウィルス飛沫をガードするには、VFE試験における検証が必要となります。

3次元マスク『θ(シータ)』の形へのこだわり

3次元マスク『θ』では、樹脂素材を用いて、顔の形とスキマなくフィットする形を目指しました。これによりスキマからのウィルス飛沫や菌飛沫の侵入防止とフィット感の両立を可能にしました。
スキマを防ぐ一方で、フィルターと口の間に空間を確保し、呼吸するフィルター部分の面積を大きく設計することにより息苦しさを解消しています。

また、フィルター固定用のカップ部分に「ホワイト」「ミントグリーン」「アイスブルー」「ピンク」の4色を用意しました。好みや服装にあったカラーバリエーションをお選びいただけます。

エコなマスクを目指して

3次元マスク『θ』のフィルター部分は、使い捨ての不織布フィルターになっています。1日1回取り替えていただくことで、衛生的にご利用いただけます。 また1回あたりの不織布の使用量を一般的な不織布マスクのおよそ1/10に減らしました。これにより従来マスクよりも環境への負荷を低減します。

国産マスク

皆様に確かな物を提供するため、3次元マスク『θ』本体・不織布フィルターは共に国産で、愛知県名古屋市にある弊社で製品化・品質管理を行っています。

高いコストパフォーマンス

3次元マスク『θ』を1年間(365日)利用いただき、専用の不織布フィルターを使用すると仮定すると、1日あたりのコストは¥21.5円になります。 これは、一般的な国産の使い捨て不織布マスクと比較しても安く抑えられた価格です。(当社調べ)

開発者の声

エビデンスのある高機能フィルターの使用を前提に、多くの譲れないこだわりを突き詰めた結果、今までにない形状のマスクにたどり着きました。 初めは見慣れない形状のため着用を躊躇されるかも知れませんが、一度装着すると高機能フィルターとマスク本体の密閉性からくる安心感・少ない接触面積による快適性・肌への低負荷等、様々な効果を実感することが出来、皆様に気に入っていただけるものに仕上がったと自負しております。 本製品が新しい時代の必須アイテムとして皆様に愛用していただけることを願っております。

Makuakeでの先行販売

3次元マスク『θ』使用方法・仕様はこちら